ジョージ・ハリスンは1943年2月24日、イギリス・リバプール市のアーノルド・グローブで生まれました(戸籍上の誕生日は2月25日)。家族はバス運転手の父ハロルドと母ルイーズ、姉ひとりと兄ふたり。4人兄弟の末っ子でした。
家族で市内のスピークに転居した小学生時代に、音楽好きな母といっしょにラジオを聴いたり、両親所有のレコードをかけたりしながら音楽に親しみはじめました。最初にギターを手にしたのは12歳、リバプール・インスティテュート入学後まもなくのことです。教師に押しつけられる既成の考え方に反発したのとは対照的に、熱心な母の励ましを受けながらギターにのめり込んでいきました。1956年夏には兄や友人と結成したグループ「ザ・レベルズ」の一員として初のステージも経験しています。

●●●●●

この頃に通学バスの中で出会い、友人となったのがポール・マッカートニーです。当時イギリスでブームを巻き起こしていたスキッフルや、すい星のごとく現れたロックンローラー、エルビス・プレスリーに夢中になりながら、ふたりは互いにギターの腕を磨いてゆきます。そして1958年3月、ポールが在籍していた、ジョン・レノン率いるスキッフル・グループ「クオリーメン」に加入しました。
まったく興味をなくしていた学校をやめ、父のすすめで電気工の見習いになったこともありましたが、やはり音楽への思いは強く、バンドひと筋の生活を送りました。クオリーメンはジョニー&ムーンドッグス、シルバー・ビートルズと名前を変えながら徐々にステップアップし、やがて「ビートルズ」と名乗るようになります。
1960年8月、ビートルズはドイツに演奏旅行に出かけました。過酷なスケジュールでしたが、ジョージはギタリストとしてさらに腕を磨きました。しかし当時まだ17歳の若さであったため、深夜の出演がドイツの法に触れ、3カ月ほどでイギリスに強制送還されています。


[すすむ] [もどる]