リンダのおいたち



1941年9月24日、リンダ・ルイーズ・イーストマンはニューヨークで生まれた。父リーは弁護士で、ショー・ビジネス、とくに著作権問題を扱ったことで知られる。そのためリンダも多くの音楽家や画家と知り合いになったという。兄のジョンも弁護士となり、ポールとリンダの結婚ののちには父子でアップルの顧問に迎えられることになる。

1950年代、ロックンロールはその誕生のころから毎晩ラジオで聴いていたというリンダ。1964年にビートルズが出演した『エド・サリバン・ショー』も観たし、1965年のシェア・スタジアム公演にも行った。

母ルイーズはリンダが18歳のとき飛行機事故で亡くなった。このことでリンダは結婚を急ぎ、プリンストン大学の同級生と結婚、1963年にはふたりのあいだに娘ヘザーが誕生するが、この結婚は失敗に終わる。しかし、アリゾナに住んでいるあいだリンダは写真を学び、これがその後の人生を左右する。


[もどる][リンダ関連ニュース][追悼ページTopへ][すすむ]