1998年10月:『ジョン、バースデイ・スペシャル』



PHOTO: (C) The Beatles Club

10月9日で58回目の誕生日を迎えたジョンの特集。幼少時代から1969年までの風貌の変遷をじっくりとお楽しみください。


ジョンが生まれた日はどんな日?

ジョンは1940年10月9日に生まれました。本名はジョン・ウィンストン・レノン(1969年にジョン・ウィンストン・オノ・レノンと改名)。今年で58回目の誕生日を迎えました。

ジョンが生まれた1940年は、1年前に勃発した第2次世界大戦の戦況が日々拡大していくなかにありました。ジョンが生まれる2週間ほど前には日独伊三国同盟が成立。イギリス軍とドイツ軍はますます対立を激しくし、陸空での攻防戦がひんぱんにくりひろげられていました。

同じ年、文化面では、イギリスの現代詩人でのちにジョンも影響を受けたディラン・トマスが自伝を発表、パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、パウル・クレー、カンディンスキーといった、20世紀を代表する画家たちが競いあうように次々と作品を発表、ニューヨークでロックフェラー・センターが建設された年でもありました。

この10月9日という日を歴史的な面から見ると、清教徒革命の指導者でイギリスの政治家クロムウェルが航海条例発布(1651年)、イギリスのキャプテン・クックがニュージーランド上陸(1769年)、カストロとともにキューバ革命を成功に導いたチェ・ゲバラが、ボリビアでゲリラ戦戦闘中に政府軍に射殺される(1967年)。日本では、奈良時代の女帝孝謙天皇が、一度譲位した淳仁天皇を島流しにしてふたたび即位、称徳天皇となる(764年)、三菱財閥創始者の岩崎弥太郎がのちの財閥の前身となる土佐開成商社を設立(1870年)、パイオニアがレーザーディスク・プレーヤーを発売(1981年)、人気テレビ・ドラマ『北の国から』放送開始(1981年)、長嶋茂雄が巨人軍監督に12年ぶりの復帰(1992年)など、硬軟とり混ぜたできごとが並んでいます。

同じ誕生日の著名人は、中国でのキリスト教の布教に力をそそいだイエズス会士フェルビースト(1623-1688)、安田財閥創始者の安田善次郎(1838-1921)、そして1975年にはジョンとヨーコのあいだに愛息ショーンが誕生しました。

ビートルズ時代には、この日はどんなことがあったのでしょう。

1962年、デビュー・シングル‘Love Me Do’が発売されて4日後のこの日、4人はロンドンのポップ音楽ジャーナリストのオフィスを訪問。1963年にはリバプール出身のコメディアン、ケン・ドットによるBBCラジオのコメディ番組『ザ・ケン・ドット・ショー』の収録をしていました。1966年のこの日には、ジョンが「ビートルズは二度とコンサート・ツアーをやらない」と語ったとの報道が流れています。1968年は、アメリカのテレビ番組『デビッド・フロスト・ショー』で、アップルの新人メリー・ホプキンの紹介をするポールの映像が放送されました。1969年、ジョンは、流産の危険があり入院したヨーコにつき添いを続けていました。

いつまでもみんなでジョンのバースデイをお祝いしましょう!


[もどる][すすむ]