ポール・マッカートニー 来日記念特集



9.11のテロ事件を癒すためにスタートした「driving usa」ツアー。「このバンドをこれで店終いにしたくない」と、もう一度始まった「back in the u.s.」ツアー。さらに、世界ツアーへの第一歩「driving mexco」を経て、ついにポールが日本にやってきた。

今回は、ロック・コンサート初の同時通訳字幕システムを導入。ポールの胸いっぱいの想いを、ダイレクトに観客に伝えようと考えられたものだ。そしてこれに負けじと、ポールも毎回、バックステージで日本語のレッスンを受けていた。その結果、コンサートでは「オッス」など流暢?な日本語を多く聞くことができた。 さらに、ポールの日本への興味はとどまることを知らず、オフの日はポールみずからの足で歩き、日本を発見する旅をしたようだ。ポールは少ない時間を惜しむように、精力的に自分から日本を見てまわった。ビートルズの日本公演のことも思い出したに違いない。

All Photos: TETSURO HAMADA


[もどる][すすむ]