「George Harrison Memorial Event 」レポート



2001年11月29日、ジョージ・ハリスン死去。享年58歳。世界中に衝撃を与えた悲しみの死から、1年以上の歳月が流れました。その間、再発された‘My Sweet Lord’が再び全英1位を記録するなど、ジョージの偉大さを改めて評価する動きが相次ぎました。さらに遺作“BRAINWASHED”が発売され、ジョージの存在感は失われないばかりか、時が経つごとにその輝きと重要性を増しています。

そのようななかで、ジョージの1周忌にイギリスで「コンサート・フォー・ジョージ」が開催。エリック・クラプトンをはじめ、愛息ダニー、解散後、ステージでは初共演となるポールとリンゴも集結しジョージを追悼しました。

ここ日本でも、多くのファンからジョージ追悼イベント開催への熱いリクエストの声があがり、ジョージ60歳の誕生日の前日にあたる2月23日、浅草公会堂にて「ジョージ・ハリスン・メモリアル・イベント」開催が決定しました。 今回はその「ジョージ・ハリスン・メモリアル・イベント」のもようをお伝えします。

(レポート/佐藤クリフ)


[もどる][すすむ]