REVOLVER

ポップとアートの架け橋となったサウンド革命
アート作品としても高く評価されているジャケット
スタジオ・テクニックを駆使した実験的なサウンドを追求しはじめたビートルズは、このアルバムでポップ・ミュージックを芸術の域にまで高めた。

テープ・ループや逆回転サウンド、ADT、さらには4トラック機材を連動させて7トラック録音を可能にする手法などが駆使され、楽器の種類も外部ミュージシャンの参加も飛躍的に増加した。4人はミキシングにも主体的に参加するようになっている。

また、「タックスマン」や「トゥモロー・ネバー・ノウズ」のように詩の題材も飛躍的に拡大し、サイケデリック・サウンドのはしりとなる曲も収録されている。

アルバムはイギリスで初登場1位となり、NMEで7週連続、MMで9週連続その座を守った。

●収録曲と曲順
A A B
1 Taxman
(Harrison)
Good Day Sunshine
(Lennon-McCartney)
2 Eleanor Rigby
(Lennon-McCartney)
And Your Bird Can Sing
(Lennon-McCartney)
3 I'm Only Sleeping
(Lennon-McCartney)
For No One
(Lennon-McCartney)
4 Love You To
(Harrison)
Doctor Robert
(Lennon-McCartney)
5 Here, There And Everywhere
(Lennon-McCartney)
I Want To Tell You
(Harrison)
6 Yellow Submarine
(Lennon-McCartney)
Got To Get You Into My Life
(Lennon-McCartney)
7 She Said She Said
(Lennon-McCartney)
Tomorrow Never Knows
(Lennon-McCartney)
( )内は作詞作曲者