YELLOW SUBMARINE

ビートルズのメッセージを伝えた
アニメ映画のサウンドトラック・アルバム
“SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND”ジャケット
ビートルズを主人公にした同名アニメーション映画のサウンド・トラック盤。
A面にはビートルズ・ナンバー6曲(うち新曲4曲)、B面にはジョージ・マーティン・オーケストラによるインストゥルメンタルの挿入曲が7曲収録されている。ビートルズが直接かかわっていない曲が収録されたオリジナル・アルバムはこれだけだ。
発売は『ホワイト・アルバム』よりあとだが、ビートルズのレコーディングは1968年2月に終了しているため、サイケデリックな色彩を帯びた『サージェント・ペパー』や『マジカル・ミステリー・ツアー』の流れをくむ音作りになっている。

『イエロー・サブマリン』はビートルズのオリジナル・アルバムのなかで唯一1位になっていない。ジョージ・マーティンがオーケストラのとりなおしを希望したことと、ビートルズが『ホワイト・アルバム』の発売と重なるのを避けたため、映画は1968年に公開されたが、サントラ盤の発売は翌年にずれこんでしまった。結局このアルバムが発売されたときは『ホワイト・アルバム』がまだ1位を維持していた。最高位はNME3位、MM4位、『ビルボード』が2位となっている。

映画に関しては、ビートルズは曲と名前とキャラクター・イメージを提供しているが、制作にはほとんどタッチしていない。当初はこのプロジェクトに関心のなかった4人も、できあがった映画を見たときは意外な面白さに驚いたという。「愛と音楽を武器に平和な世界を作る」というわかりやすいストーリーで、世界中の大人にも子どもにも今なお親しまれている。

●収録曲と曲順
A A B
1 Yellow Submarine
(Lennon-McCartney)
Pepperland
(Martin)
2 Only A Northern Song
(Harrison)
Sea Of Time
(Martin)
3 All Together Now
(Lennon-McCartney)
Sea Of Holes
(Martin)
4 Hey Bulldog
(Lennon-McCartney)
Sea Of Monsters
(Martin)
5 It's All Too Much
(Harrison)
March Of The Meanies
(Martin)
6 All You Need Is Love
(Lennon-McCartney)
Pepperland Laid Waste
(Martin)
7   Yellow Submarine In Pepperland
(Lennon-McCartney / Arr.By Martin)
( )内は作詞作曲者