BEATLES FOR SALE


4枚目のアルバム『ビートルズ・フォー・セール』は

音楽界をリードしはじめたビートルズの成長がうかがえる作品。

1960年代前半は、ステレオ録音がようやく始まった時期で、

レコーディングではまだモノラルが主流だったため、

前3作同様、モノラル盤とステレオ盤が同時発売されていた。

●収録曲と曲順

( )内は作詞作曲者
A B
1 No Reply (Lennon-McCartney) 1 Eight Days A Week (Lennon-McCartney)
2 I'm A Loser (Lennon-McCartney) 2 Words Of Love (B. Holly)
3 Baby's In Black(Lennon-McCartney) 3 Honey Don't (C. Perkins)
4 Rock And Roll Music (C. Berry) 4 Every Little Thing (Lennon-McCartney)
5 I'll Follow The Sun (Lennon-McCartney) 5 I Don't Want To Spoil The Party (Lennon-McCartney)
6 Mr. Moonlight (R. L. Johnson) 6 What You're Doing (Lennon-McCartney)
7 Kansas City〜Hey, Hey, Hey, Hey (J. Leiber-M. Stoller) 7 Everybody's Trying To Be My Baby (C. Perkins)

ファースト・プレスから1970年代ステレオ盤まで、A面7曲目はレーベル、ジャケット裏とも"KANSAS CITY"としか記入されていないが、1981年以降はレーベル、ジャケット裏とも"KANSAS CITY〜HEY HEY HEY HEY"と記載されるようになる。